ハッシュレート分布について

ハッシュレート分布について

今日はハッシュレートについてご紹介していきたいと思います。

今、世界中の方がマイニングを行っているのですが、個人で行っている人もいれば、企業で取り組んでいる人もいれば様々ですが何処かのPool(プール:グループのようなもの)に所属しマイニングを行っている場合があります。

世界のハッシュレート状況を示したサイト「BLOCKCHAIN」をご参考に紹介します。

BLOCKCHAINハッシュレート分布

上記は各世界のハッシュレート(計算する能力)を分布したサイトです。

なぜマイニングをしている人がPoolに所属するかというと、BTCのマイニングであれば10分毎に12.5BTC が発行されます。

世界中の人が計算競争を行い一番早く計算を行い勝った人が賞金のようにBTCを得られることになります。

では、全世界の人と個人が競争した場合、一人勝ちで得られる確率は非常に低いものになります。

1発当たれば大きいですがそんな奇跡的な状況は何年後に訪れるか分かりません。

ではどうするのかというとどこかのマイニングPoolに所属することにより、計算競争に勝利したら優勝賞金を分けてもらうという方式の方が効率が良いのです。

たとえば50%のシェアを持つマイニングPoolに所属していた場合、確率論的に10分毎に6.25TBは得られる計算になります。

なのでシェアの多いところほどBTC収入が多いということになります。
その為どこかのPoolに所属しマイニングすることが多いのです。

マイニングの種類は下記の2種類があります。
・ソロマイニング
・プールマイニング

ビットクラブのようなクラウドマイニングもありますが、個人的にはプールマイニングの一つと考えています。

また最近、GMOやDMMがマイニング事業を立ち上げるという報道がありましたが、GMOは今あるマイニングハッシュレートの10位以内を目指す目標のようです。

 

最近のBitClub Networkについて

先日、私が所属しているクラウドマイニング会社 BitClub(ビットクラブ)のハッシュレートを見ていたら驚いたことに下がっている。。。

以前は3.2%ほどあったハッシュレートが2.8%まで落ち込んでいました。

これは計算競争の勝率が3.2%から2.8%まで落ち込んだということなのですが、マイニング総量に大きく関係し、計算上マイニング量が2割以上下がったことになります。

原因としては
・ハッシュレート計算が間違っている、または更新されていない
・他社のハッシュパワーが異常に増加した
・BitClubのハッシュパワーが増加していない

どうなっているのだろうと暫く様子を見ていました。

で、本日見るとなんと 3.8%まで増加している!!

ちょっと期待してもいいのかなー。

もう少し様子を見ます。

今日はこの辺で。